QUESTION  お問い合わせ

ご質問、お問い合わせは、下記からお願いいたします。
内容によっては、ご連絡までに時間がかかる場合がございますことをあらかじめご了承いただければ幸いです。


お名前*

name

フリガナ*

kana

メールアドレス*

e-mail address

お問い合わせ内容*

inquiry body

*は必須項目です。


『コスモポリタン』について、よくいただくご質問


Q.TVや雑誌でよくある企画「世界の?」とは何が違うの?
A.(1) 企画の主役はあなたです
その人の人生に密着するドキュメントや生活に潜入するレポート番組、仕事や生き方を紹介する記事はあくまで「その人」が主役ですが、このオーディオマガジンの主役は「あなた」です。
サブタイトルにもあるとおり、この企画はほかでもないあなたに「時代や環境に左右されない」自分をつくってもらえるよう設計してあります。

なぜ、そう言い切れるのか。
それは私(早川)自身が「どんな時代や環境にも左右されない自分」をつくりたいとの思いからシンプルに始め、続けているからです。制作者というより、私(早川)自身が視聴者であり、読者そのものだからです。ですから、特に最近のテレビに多い「スポンサー目線」「制作者目線」の番組には、なりようがありません(笑)
テレビや雑誌にはスポンサーやタブーなどさまざまなしがらみ・制限がありますが、このオーディオマガジンにはいっさいそれがありません。スポンサーや上司から「やらされている」わけではないので、 みなさん(≒わたし)が一番知りたいと思うことを、コスモポリタンに迷うことなくぶつけていきます。
テレビや雑誌のように受け手に情報を伝えるのではなく、受け手(みなさんや私)が情報を引き出す、そんなイメージを持って頂ければと思います。企画の向いている矢印が逆、ですから主役があなたなのです。
加えてもうひとつ。「コスモポリタン」は番組ではないので、CMが入ることもありませんし、余計な演出もありません。雑誌のように数ページで終わりということもありません。毎月1時間以上にわたる彼らの「肉声」から直接得られるエッセンスは、 テレビや雑誌では体験したことのない質・量になるでしょう。

A.(2) 文字や映像とは「刺さり方」が違います
この企画をオーディオマガジン(音声)にしたのには明確な理由があります。 それは、文章や映像では決して伝えきれない、伝わらないことが音声なら伝えられるからです。

たとえば、この文章。
「おはようございます」
これだけを見て、あなたは発言者がどんな口調で朝のあいさつをしたか判断できますか?

けれど声を「聴く」ことができたら、その人が元気に言っているのか? 小さな声でぼそぼそと言っているのか? 声は大きいけど気持ちは入っていないのか? 瞬時にわかりますよね。
もちろん、これは映像にも言えることです。では映像にない強みは何なのか。それは、相手のメッセージの本質をより深いところで受け取ることができることです。

たとえば、こんな経験をしたことはありませんか。

テレビに出ている「あなたがあまり好きではない」タレントの 話をたまたまラジオのトーク番組を聴く機会があったとき。「あれ、イメージと違う。意外と良いこと言っているかも......」
これに近い経験をした人は少なくないと思います。なぜでしょう。
それは音声には「相手が見えないからこそ、 聴き手は相手や相手の本意を知ろうと耳だけを頼りに神経を集中させる」性質があるからです。
相手の息づかい、話すスピード、言葉づかい、声の大きさ...... そこには私たちを良くも悪くも惑わす「見た目」はありません。文字や映像では伝わらないその場の空気感やニュアンス、そして何よりコスモポリタンの本意やエネルギーを 限りなく100%に近いかたちでみなさんに感じてもらいたい── そのための最適なメディアとして肉声をそのまま届けられるオーディオマガジンを選びました。

Q.興味はあるけど、忙しくて聴く時間があるかなあ……
A.まさにそんな方のためにオーディオマガジンをつくりました
本、ブログ、メルマガ、動画......世の中には、人生に役立つ文字や映像のコンテンツがたくさんあります。しかし、受け手が「能動的」に取り入れなければならない文字や映像は、時間に追われているビジネスパーソンや育児や家事に忙しいママ(パパ)たちにとっては、「ストレスなく、自分のモノにする」のが難しい状況になってきているのも事実です。この忙しいなか、情報や学びを「努力」して取り入れるのは、なかなかつらいものですよね。

そんな方のために、オーディオマガジン(音声)があります。毎月お届けするオーディオマガジンをお気に入りの音楽と同じようにスマホやPCに入れておくだけ。耳さえあいていれば、時間も場所も制限がないので、無理なく、負担なく学び続けられます。加えて「読む」や「見る」は能動的な動作ですが、「聴く」は受動的。
「ながら聴き」できるから、あなたのライフスタイルに違和感なくフィットします。

たとえば、通勤電車や車のなかで。台所で料理をしながら。リビングのそうじをしながら。エクササイズマシンに乗りながら。寝室で寝る前に(読書スタンドもいりません)。あなたのペースで、好きなだけ、何回でもくりかえし聴くことができます。
この「ストレスフリー」「オケージョンフリー」がオーディオマガジンの最大の強みです。
そして何より「環境に左右されずに学ぶ」ことそのものが、あなたがコスモポリタンに近づくための「実践」にもなっているということをお忘れなく。