MESSAGE  ご感想・応援

「海外で活躍する方、特にすでにとても有名な方というよりもその道では第一人者である方の方がお話を自分のこととして受け止めるには身近に感じられると思います」

東京都/稲月さん

「海外へ行く、と決めた後で具体的にイメージする際に前向きな気持ちと適切な厳しい現実へのイメージも両方を繰り返し聞く中で自分のこととして変換して感じられました。」

大阪府/川野さん

「私はフリーランスなんで、どうやってビザを取ればいいのかというのがずっと課題なんですけど、内海さんは自営というか起業家としてビザを取ったという話が聞けたので、そういう手もあるんだなと参考になりました。」

茨城県/伊東さん

「日本にずっと住んでいるので、考え方が違うかなと思いました。初めて聞くような内容が聞けるので、外国というのはこういうところかなと理解しましたね。選択肢が増えましたね。」

東京都/松井さん

「海外で活躍されている方の生の声をきけて、既成概念・固定観念を打ち砕かれているという感覚がすごくしますね。」

東京都/橋間英梨さん

「私自信は入社3年目で25歳の時に仕事に入ったんですけど、このままでいいのかなとよく思ったりしています。実際コスモポリタンの方は、道を決めてるというか、自分でその道にを選んで進んでいる方ということで、意志の強さとかを感じて、自分自身も自分と向き合っていきたいなと思いますね。自分を信じているというのは感じますね。」

愛知県/加藤さん

「インタビューだと生の声が聴けるというのが良い。一番なにより、トークショーやコンテンツがいいなと思っているんです。すごく伝わりますし、僕からすると安いなと思いますし、すごく価値があるものを買ったなと、自分の満足でもありますし、経験だったり、自分の糧になるなと思っているので、すごく満足ですね。」

鹿児島県/KIさん

「なかなかメンタルというか、自分が怠けてしまったりとかあると思うんですけど、でも、自分だけじゃなく、コスモポリタンの方達みたいにどん底だった、底辺だった時があった、何もないところから作っていった。それまでの過程とか努力していったところが見えたので、そういった部分を聞いた時に自分ももっとやらなければいけないみたいな感じの勇気をもらいましたね。そういうところが大きかったですね。」

山形県/かつしさん

「やりたいことがあるにも関わらず、あきらめている人たちに見てほしい。例えば会社員をやっているんだけど、なにか自分でしたいんだけど、行動ができなかった方であるとか、これから何かしようと思っているんだけど、どうしたら良いかわからないという人に。」

東京都/山口さん

「自分もいままでいろいろありましたけど、逃げないで覚悟するとかやると次につながったりとか、何かに気付くとか、そういう自分の生活の中でも他人ごとじゃないなと。苦労のない人はいないんですよね。それをどう受け止めるか、そのあとどうなるか。逃げるのもひとつの方法だったり、悔やむことも必要だったりするんだなと。著名な人もいるけれども、日々の生活をそんなにコツコツやっている人がいるんだと、そんなのを聞けるんだと、とても満足しています。」

京都府/ひろしさん

「自分で抱え込んでいる人とか、もしくは、とりあえず今やっているけど、直線的で視野が狭い人、そういった人達に聞いてもらって、こういう考えがあるということを聞いてもらうといいと思います。海外でも日本でも変わらないと思いますが、そんな人には聞いてもらうといいんじゃないかなと思います。」

東京都/ちひろさん

「人それぞれ試練があって今に至っていると思いますけど、それは乗り越えて、今に至るために必要な物たなんだと、これを聴くとなるほどと。自分に置き換えられるかは別として、勇気をもらえるというか、エネルギーをもらえる。今までの試練とかに、それはただ偶然だったりとか、必要なものだったとかを見切ることとか誰しもあるんですよね。それがすごくわかりやすくなってますね。」

山口県/YCさん

「一緒に仕事をするのは野心がある人のほうがよい。」と言っていたことが印象的でした。漠然と仕事をするのではなく、明確な目的を持ち目指すものがあれば、芯が通りブレずに行動できるので、結果もおのずと変わってくるんだと思いました。また、「トップランナーはライバルでありながら繋がっている。」ということもそうなのか!と思い知らされました。切磋琢磨しながらお互いを高め合う人は集まってくるんでしょうね。そんな中に入れるよう、野心を持って行動したいと思いました。

岡山県/ひろさん

(Betty Carさんの話を聞いて)「自分がやりたいことを自分が楽しいと思える大きさで続けていくということ。「ビジネスは必ず大きくしなければならない」と半ば強迫観念のように思っていましたが、音声を聞いてフッとラクになりました。無理してビジネスを発展させなくても、自分が楽しめる大きさで続けていけばいいんですね。ベティさんのように「自分を楽しませ続けながら」ビジネスをしていきたいと思います。」

東京都/向井原さん

(内海さんの話を聞いて)「非常に興味深く拝聴いたしました。とくに「逃げるのもあり」という言葉が衝撃でした。「石の上にも三年」という諺もありますが、とにかく辛く苦しいことがあっても、そのまま三年程度は我慢すべきという固定概念にとらわれていた自分に気がつきました。」

京都府/AIさん

(内海さんの話を聞いて)自由であることがいちばんの財産であること。クリエイティブクラス、いかにクリエイティブでいれるかっていうことが大事なトピック。この2つが特に印象的でした。内海さんのように自身の周辺に疑問をもち、それをエネルギーに人生を切り拓く子供にもそのような人生を選び、開いてもらいたいと感じました。

熊本県/千絵さん